ウォーターサーバーの硬水と軟水の違いは?

水の種類として硬水と軟水があり、前者は海外、後者は日本というイメージが強いでしょう。硬水と軟水を分けるのは水の中に含まれている成分の割合で、それによって硬度が数値化されて分かれていきます。ウォーターサーバーを利用する際にも硬水と軟水の違いについてはしっかりと認識した上で適切な水を選ぶようにしましょう。

硬水と軟水の違い

水と言うのはカルシウムイオンとマグネシウムイオンが含まれており、それらの成分がどれだけ含まれているかによって硬水と軟水に分かれていきます。それらの成分が多く含まれていたら硬水で、そうでない場合は軟水という風に思っても構いません。WHOによる区分では硬水は120mg/1L以上で、それ未満なのが軟水という区分です。国内の水はほとんど100mg/1L以下になっていますので軟水です。

日本人が飲み慣れているのは軟水

日本人であれば軟水のほうが口当たりがまろやかですのではるかに飲み慣れているのではないでしょうか。多くの人が軟水のウォーターサーバーを選んでいます。硬水に関しては海外に行って飲む機会があるかもしれませんが、独特な味がして飲みにくいという人も多いでしょう。硬水は胃腸に負担を掛けますので、高齢者は赤ちゃんにはあまりお勧めできないです。

水の硬度についてはしっかりとチェックするべき

おいしい水の宅配便などのウォーターサーバーを利用する時には必ず水の硬度についてはチェックをした方がいいでしょう。飲み水として利用するというのであれば飲みやすい軟水を選ぶべきですが、料理として活用する場合には硬水のほうが良い場合もあります。日本料理の場合は軟水のほうが適していますが、洋風料理の場合は硬水のほうが適していることが多いです。

硬度について理解した上で選びたい

ウォーターサーバーを導入したいという時には水の硬度と言うのを気にしてから利用をした方がいいです。日本人になじみがあるのは軟水なので、それをなんとなく選ぶ人が多いですが、硬水についても理解した上で選ぶと効果的です。

調乳にウォーターサーバーを使ってみよう

調乳は、赤ちゃんを育てる上でとても大切です。そんな調乳をするときにウォーターサーバーで効率的に使えば楽になります。
そのためにも、レンタルしてみるのもいいかもしれません。

ウォーターサーバー利用の期間

もしも赤ちゃんのためとウォーターサーバーを使うというのであれば、その期間も1年未満かそれ以上かよく考えてから使いましょう。
というのも。1年未満の解約では、費用がかかるところも多いからです。

水のタイプもチェック

調乳に向いている水は、やはり軟水です。軟水をアピールしていたり、ミルク作りにも向いていますなどをアピールしてみるウォーターサーバーを選んでください。
また、水のタイプには2種類あります。

まずはRO水です。RO水だと純水に近く、ミネラルも少ないので向いています。
次は、飲みやすさや美味しさでは天然水に分があるようにも思えます。
どちらも体にはやさしいくなっています。

経済的を考慮すること

月毎に注文する数のノルマもあったりします。これをこなせないとペナルティを払うこともあります。
これがたいへんだったり、こなせなくて辞める人もいるので気をつけましょう。

あと電気代も気になりますが、節電機能が多くのサーバーではついていますので安心してください。約1000~2000円の電気代のアップが予想されます。

機能を確認しよう

あと忘れてならないのは、ウォーターサーバーの機能です。
たとえば、調乳に最適な7温度は0℃~95℃くらいの範囲になっています。その温度が保たれているのか確認しましょう。
あと、雑菌の繁殖も使っていて気になるところです。
たとえば、オートクリーン機能がついていたり、段ボール等に入れられていて日光が当たらないようにして雑菌の繁殖も防いだりなど、対策が練られているかもチェックしましょう。

また水の交換も、女性が1人で手軽にできるかもチェックしましょう。水がたくさん入っていても重くて変えにくいでは大変です。

調乳にも使ってみよう

調乳にも使ってみると手間を省けたり、安心できたりとお母さんをきっと喜ばしてくれるでしょう。

関連記事