ウォーターサーバーの基本的な機能はどういうものがあるのか?

実際に多くの人が使用しているウォーターサーバーですが、実際にどういう機能があるのかというのは知らない人も多いのではないでしょうか。今回は、そういう人たちに向けて基本的に備わっている機能について紹介していきますので、ぜひとも参考にしてみてください。

冷水と温水が利用できる

ウォーターサーバーと言えば冷水しか飲めないという風に思っている人も多いですが、実際には温水機能も備わっていますので、夏場だけでなく冬場においてもきちんと効果を果たすことが可能です。サーバーの種類によって温度の差は多少ありますが、冷水であれば5度から12度ぐらい、温水であれば80度から90度ぐらいに設定されています。

ウォーターサーバーにおいて多くの電気を使うのは温水を保つ機能ですので、多くのサーバーにおいては節電機能があります。その機能を利用すれば70度前後に設定することが可能なのですが、ぬるいという風に思う人もいますので、そこのところは実際に試して見るといいでしょう。

安全に利用できる機能が備わっている

ウォーターサーバーを安全に利用することができる機能が備わっており、転倒防止機能については壁などにワイヤーを取り付けることによって、災害時にそれが倒れないようになっていますし、転倒して壊れることを防ぐことにもつながっています。

幼い子供がいる場合の安全対策としてチャイルドロック機能が備わっています。それをつけることによって幼い子供が蛇口を触ったとしても冷水や温水が出ないようにすることが可能です。子供が一人で留守番をするという時にはロックをオンにすることで、安心して出かけられます。コスモウォーターみたいに両方ついているものもあれば、クリクラのように温水だけに設置していることもあります。

単純な仕様のものが多い

ウォーターサーバーの基本的な機能と言うのは冷水と温水が利用できると言うものです。その他にも安全に利用するための仕組みとして転倒防止機能やチャイルドロック機能があります。

ウォーターサーバーのメンテナンスはどうなっているのか

ウォーターサーバーを実際に使うと、ほとんどは長くつかうことになります。やはり水を美味しくのみたいということもあれば、健康や美容にもいい、また赤ちゃんの調乳にも使えるからと長くなる傾向にあります。

ウォーターサーバーのメンテナンスはどうなっているのか

ウォーターサーバーを選ぶ前にはいろいろと比較もするでしょう。
そんな中で、比較するポイントにメンテナンスがあるかもチェックしておきましょう。
というのも、メンテナンスもプランの料金にも影響してくるからです。またメンテナンスがない場合、代わりとなる機能がウォーターサーバーについているかもチェックしなけらばなりません。
メンテナンスは意識しておきましょう。

メンテナンスが必要

アクアクララ、うるのん、クリクラはメンテナンスが必要とされています。メンテナンスにより部品のチェックや掃除もしてもらえるので安心しやすいとも言えます。メンテナンスも、アクアクララやクリクラだと毎年1回あります。うるのんは、6年に1回となっています。

なお、メンテナンスの料金はメーカーで変わります。アクアクララ、うるのんは無料ですが、クリクラは5,400円かかります。

他にもメンテナンスをするメーカーもありますが期間や料金は、これらとにたような感じとなっています。

メンテナンスは不要

たとえば、コスモウォーターやフレシャスアでは、メーカーのメンテナンスはありません。
代わりの機能として、オートクリーン機能がついています。
これはウォーターサーバー内部を自動で洗浄するといったものでこれにより衛生を保てるようになっています。
もちろん故障の時は修理対応はしてくれます。ただし、劣化してもメンテナンスは行われないのは不安は残ります。
とはいえ、水の安全は保たれます。

メンテナンスは事前によく確認を

メンテナンスの有無や代わりの機能についての有無は、事前によく確認しておきましょう。
それをしっておけば、安心して使い続けられるでしょう。

関連記事