よく比較をしてウォーターサーバーを選ぼう

美味しく水ものみたいと言う意識も、年々高まっているように思えます。というのも、以前ならばウォーターサーバーを見かけるのも、銀行やお店などでしたが、今だと家庭でもウォーターサーバーを入れるところも増えています。
これからも増えてくることが予想されます。

その種類は豊富

ウォーターサーバーといっても、その種類は豊富です。
名前だけでもフレシャス、プレミアムウォーター、アクアクララ、クリクラ、サントリー天然水ウォーターサーバーなどいろいろとあります。

どれを選んでもきっと満足するでしょうが、やはりこれだけあると選ぶのにも一苦労です。
またこれらの違いを把握するだけでも大変です。お金もかかるので、やっぱり自分にあったものを選びたいものです。

よく比較をしよう

何を基準に選ぶのかまずは考えましょう。
もしも健康のためや赤ちゃんでも飲めるようにと言う基準があれば、今健康にもいいと評判の成分のバナジウムを豊富に含んでいる水がおすすめとなります。バナジウムで検索をすれば、それにあった水やサーバーがヒットするからです。

また水の種類にこだわれば、それで、検索をすれば天然水はどれ、RO水はどれということがわかります。RO水とはRO膜を使い、不純物を取り除いた水のことです。それにミネラルを加えていて健康にもいいですし、美味しく飲めます。
天然水とRO水のどちらを選ぶかも、比較して選ぶといいでしょう。

またウォーターサーバーを使うときには、気になってくるのは電気代です。各メーカーとも電気代もいくらくらいになるという情報も出しています。1000円を切るところが多いのですが、やはり比較してみて、家計にあったところを選ぶようにしましょう。

焦らずに選ぶこと

このように比較ポイントをいくつもあれば、自分にあったもの絞られてくるはずです。
また、いくつかの比較ポイントにあったサーバーも出てくるはずです。

あとはプランや料金を考えて選びましょう。焦らずに選ぶことも大切です。

ウォーターサーバーのお手入れの仕方も覚えておこう

ウォーターサーバーもだんだんと家庭でも使われるようにもなりました。やっぱり美味しく水をのみたい、また冷水と温水もでて使いやすくなっている、赤ちゃんの調乳にも使えたり等利用の範囲も広がっているのもあるでしょう。

ウォーターサーバーのメンテナンス

今だとプランもよくなっていて、経済的にも安心できて長く利用できるようにもなりました。

するとウォーターサーバーのお手入れも気にしたほうがよくなってきました。やはり長く使うとよごれや部品の消耗も気になってきます。

部品に関してやメンテナンスとしては各メーカーで違いがあります。
たとえば、フレシャスやコスモウォーターだとオートクリーン機能で内部をきれいにします。あとは故障時にメーカーが対応するだけとなります。
アルピナウォーターやアクアクララは2~3年毎にメーカーがメンテナンスを実施します。

なお、オートクリーンは3~6時間と長くかかることもあります。その間使えなくなることもあるので、よく確認してください。また自動で時間になるとオートクリーン機能が作動するものもあります。

あとは自分でお手入れを

メンテナンス以外では、あとは自分でお手入れをするだけとなります。やはり使っていて汚れがあると、水の安全にも影響するからです。
お手入れは難しくはありません。キッチンペーパーやキレイなタオルでウォーターサーバー全体をきれいに拭きます。ボトルの差し込み口や蛇口周辺は念入りに拭きましょう。

あとは、これらの箇所は除菌シートなどでもきれいに拭きましょう。これらの箇所に雑菌がでると、水が臭くなったり味に変化がおこるからです。
蛇口の中の部分も綿棒ブラシで拭き取りましょう。

あと、受け皿もきれいにしておいてください。見た目にも影響してきます。

それからサーバーの背面や電源コードの周りにはほこりも貯まりやすいのできれいに拭き取りましょう。

定期的にお手入れを

お手入れもそんなに難しくもありませんが、丁寧に行いましょう。あと定期的に行うことも忘れてはいけません。

関連記事