Monthly Archive: 3月 2017

ウォーターサーバーの硬水と軟水の違いは?

水の種類として硬水と軟水があり、前者は海外、後者は日本というイメージが強いでしょう。硬水と軟水を分けるのは水の中に含まれている成分の割合で、それによって硬度が数値化されて分かれていきます。ウォーターサーバーを利用する際にも硬水と軟水の違いについてはしっかりと認識した上で適切な水を選ぶようにしましょう。

硬水と軟水の違い

水と言うのはカルシウムイオンとマグネシウムイオンが含まれており、それらの成分がどれだけ含まれているかによって硬水と軟水に分かれていきます。それらの成分が多く含まれていたら硬水で、そうでない場合は軟水という風に思っても構いません。WHOによる区分では硬水は120mg/1L以上で、それ未満なのが軟水という区分です。国内の水はほとんど100mg/1L以下になっていますので軟水です。

日本人が飲み慣れているのは軟水

日本人であれば軟水のほうが口当たりがまろやかですのではるかに飲み慣れているのではないでしょうか。多くの人が軟水のウォーターサーバーを選んでいます。硬水に関しては海外に行って飲む機会があるかもしれませんが、独特な味がして飲みにくいという人も多いでしょう。硬水は胃腸に負担を掛けますので、高齢者は赤ちゃんにはあまりお勧めできないです。

水の硬度についてはしっかりとチェックするべき

おいしい水の宅配便などのウォーターサーバーを利用する時には必ず水の硬度についてはチェックをした方がいいでしょう。飲み水として利用するというのであれば飲みやすい軟水を選ぶべきですが、料理として活用する場合には硬水のほうが良い場合もあります。日本料理の場合は軟水のほうが適していますが、洋風料理の場合は硬水のほうが適していることが多いです。

硬度について理解した上で選びたい

ウォーターサーバーを導入したいという時には水の硬度と言うのを気にしてから利用をした方がいいです。日本人になじみがあるのは軟水なので、それをなんとなく選ぶ人が多いですが、硬水についても理解した上で選ぶと効果的です。

調乳にウォーターサーバーを使ってみよう

調乳は、赤ちゃんを育てる上でとても大切です。そんな調乳をするときにウォーターサーバーで効率的に使えば楽になります。
そのためにも、レンタルしてみるのもいいかもしれません。

ウォーターサーバー利用の期間

もしも赤ちゃんのためとウォーターサーバーを使うというのであれば、その期間も1年未満かそれ以上かよく考えてから使いましょう。
というのも。1年未満の解約では、費用がかかるところも多いからです。

水のタイプもチェック

調乳に向いている水は、やはり軟水です。軟水をアピールしていたり、ミルク作りにも向いていますなどをアピールしてみるウォーターサーバーを選んでください。
また、水のタイプには2種類あります。

まずはRO水です。RO水だと純水に近く、ミネラルも少ないので向いています。
次は、飲みやすさや美味しさでは天然水に分があるようにも思えます。
どちらも体にはやさしいくなっています。

経済的を考慮すること

月毎に注文する数のノルマもあったりします。これをこなせないとペナルティを払うこともあります。
これがたいへんだったり、こなせなくて辞める人もいるので気をつけましょう。

あと電気代も気になりますが、節電機能が多くのサーバーではついていますので安心してください。約1000~2000円の電気代のアップが予想されます。

機能を確認しよう

あと忘れてならないのは、ウォーターサーバーの機能です。
たとえば、調乳に最適な7温度は0℃~95℃くらいの範囲になっています。その温度が保たれているのか確認しましょう。
あと、雑菌の繁殖も使っていて気になるところです。
たとえば、オートクリーン機能がついていたり、段ボール等に入れられていて日光が当たらないようにして雑菌の繁殖も防いだりなど、対策が練られているかもチェックしましょう。

また水の交換も、女性が1人で手軽にできるかもチェックしましょう。水がたくさん入っていても重くて変えにくいでは大変です。

調乳にも使ってみよう

調乳にも使ってみると手間を省けたり、安心できたりとお母さんをきっと喜ばしてくれるでしょう。

ウォーターサーバーの下置きと上置きはどちらがいいのか?

ウォーターサーバーと言うのは上にボトルを持ち上げて設置するものが多いのですが、持ち上げるのに力を使うということがあります。力を使わないことを何よりも優先したいということであれば下において設置するという選択がベストになります。上置きにするのか下置きにするのかというのは迷うポイントにはなりますが、どちらがいいのでしょうか。

自分のこだわりの条件に優先順位を決める

ウォーターサーバーを決める時に重視するポイントと言うのは人によってまちまちなところがありますので、自分にとって正しい選択をするのであれば、こだわり条件に対して優先順位を決めることではないでしょうか。

主な条件と言うのは、力を使わずに設置できるとか、省エネ機能が搭載されている、チャイルドロック機能が搭載されている、省スペースである、初期費用が0円などがありますので、この中から1個から3個まで条件を絞ることです。本当に条件を細かく書くと決めきれない可能性がありますので、ある程度絞り込んでおくといいでしょう。

あとは好みに任せる

ある程度絞り込んだというのであれば、それぞれを比較して好みで選んだらいいのではないでしょうか。甲乙つけがたいのであれば、ランキングなどを参照しながら決めるといいでしょう。上置きタイプと下置きタイプはどちらがいいのかは人次第なので、多くのタイプがある上置きタイプがオーソドックスなタイプになります。

下置きタイプのウォーターサーバーは

ボトルを下におけるウォーターサーバーは下の引き出しを引いてボトルを置くだけでいいので、女性でも簡単に交換をすることができます。コスモウォーターは下置きモデルとして有名な業者です。まだまだ数は少ないですが、需要が高くなれば下置きタイプのものももっと増えてくるのではないでしょうか。

現状は上置きの方が圧倒的に多い

ウォーターサーバーは圧倒的に上置きの方が多いので、自分のこだわりの条件に優先順位をつけて。あとは好みに任せるといった選び方のほうがいいでしょう。

ウォーターサーバーを選ぶときには容器にも注目してみよう

ウォーターサーバーをみると水の容器が上にのせるタイプと中で交換するタイプに別れます。
たとえばフレシャスのウォーターサーバーだとパックになっていますが、プレミアムウォーターのものだと、上にボトルを取り付けるものとなっています。
水の入っている容器にも差があるのです。

容器にも注目してみよう

このように水の入っている容器もメーカーでそれぞれ違いがあります。そこに注目もしてみましょう。
実はそれぞれに考えもあって、容器にもメリットやデメリットなどもあります。それがウォーターサーバー選びにも影響してくることもあるのです。

ガロンタイプの場合

ウォーターサーバーの上に水を乗せるのがガロンタイプです。
この場合、上にあげなければならないので、女性やお年寄りだと大変というデメリットがあります。
また水が減ると容器内で空気にふれるようになってくるので、品質が落ちる恐れがあります。

その一方でガロンタイプだと、容器をを回収して再利用します。ごみにはならないのでエコとも言えます。また容量も多いので、交換の回数も減らせられて、メーカーが来るのを待つ手間も減らせられます。
容量もいろいろとあって、プランの選択肢も増えることもあります。これらはメリットと言えるでしょう。

ボトルタイプの場合

ウォーターサーバーの中に入れるタイプではボトルタイプが多いです。
この場合のメリットとしては、容量もガロンタイプよりも少なかったりして交換しやすい点があります。
これだと女性1人でも手軽にできるので、独り暮らしでも利用しやすいです。

また、水が減るとそれだけしぼんでくるので空気にふれることなく、品質も保たれやすくなります。

デメリットとしては容器の回収がないのでごみ捨ての手間が増えます。またごみとしてでるので、エコとは言えません。

費用面にも影響

容器のタイプでサーバーの使いやすさにも影響しますが、さらに料金もガロンタイプのほうが高くなり勝ちです。
代わりにボトルタイプだとサーバー代など別のことで費用が加算されたりもします。

とはいえ、容器にも注目してみると、さらに選びやすくなったりするかもしれません。

ウォーターサーバーの基本的な機能はどういうものがあるのか?

実際に多くの人が使用しているウォーターサーバーですが、実際にどういう機能があるのかというのは知らない人も多いのではないでしょうか。今回は、そういう人たちに向けて基本的に備わっている機能について紹介していきますので、ぜひとも参考にしてみてください。

冷水と温水が利用できる

ウォーターサーバーと言えば冷水しか飲めないという風に思っている人も多いですが、実際には温水機能も備わっていますので、夏場だけでなく冬場においてもきちんと効果を果たすことが可能です。サーバーの種類によって温度の差は多少ありますが、冷水であれば5度から12度ぐらい、温水であれば80度から90度ぐらいに設定されています。

ウォーターサーバーにおいて多くの電気を使うのは温水を保つ機能ですので、多くのサーバーにおいては節電機能があります。その機能を利用すれば70度前後に設定することが可能なのですが、ぬるいという風に思う人もいますので、そこのところは実際に試して見るといいでしょう。

安全に利用できる機能が備わっている

ウォーターサーバーを安全に利用することができる機能が備わっており、転倒防止機能については壁などにワイヤーを取り付けることによって、災害時にそれが倒れないようになっていますし、転倒して壊れることを防ぐことにもつながっています。

幼い子供がいる場合の安全対策としてチャイルドロック機能が備わっています。それをつけることによって幼い子供が蛇口を触ったとしても冷水や温水が出ないようにすることが可能です。子供が一人で留守番をするという時にはロックをオンにすることで、安心して出かけられます。コスモウォーターみたいに両方ついているものもあれば、クリクラのように温水だけに設置していることもあります。

単純な仕様のものが多い

ウォーターサーバーの基本的な機能と言うのは冷水と温水が利用できると言うものです。その他にも安全に利用するための仕組みとして転倒防止機能やチャイルドロック機能があります。

ウォーターサーバーのメンテナンスはどうなっているのか

ウォーターサーバーを実際に使うと、ほとんどは長くつかうことになります。やはり水を美味しくのみたいということもあれば、健康や美容にもいい、また赤ちゃんの調乳にも使えるからと長くなる傾向にあります。

ウォーターサーバーのメンテナンスはどうなっているのか

ウォーターサーバーを選ぶ前にはいろいろと比較もするでしょう。
そんな中で、比較するポイントにメンテナンスがあるかもチェックしておきましょう。
というのも、メンテナンスもプランの料金にも影響してくるからです。またメンテナンスがない場合、代わりとなる機能がウォーターサーバーについているかもチェックしなけらばなりません。
メンテナンスは意識しておきましょう。

メンテナンスが必要

アクアクララ、うるのん、クリクラはメンテナンスが必要とされています。メンテナンスにより部品のチェックや掃除もしてもらえるので安心しやすいとも言えます。メンテナンスも、アクアクララやクリクラだと毎年1回あります。うるのんは、6年に1回となっています。

なお、メンテナンスの料金はメーカーで変わります。アクアクララ、うるのんは無料ですが、クリクラは5,400円かかります。

他にもメンテナンスをするメーカーもありますが期間や料金は、これらとにたような感じとなっています。

メンテナンスは不要

たとえば、コスモウォーターやフレシャスアでは、メーカーのメンテナンスはありません。
代わりの機能として、オートクリーン機能がついています。
これはウォーターサーバー内部を自動で洗浄するといったものでこれにより衛生を保てるようになっています。
もちろん故障の時は修理対応はしてくれます。ただし、劣化してもメンテナンスは行われないのは不安は残ります。
とはいえ、水の安全は保たれます。

メンテナンスは事前によく確認を

メンテナンスの有無や代わりの機能についての有無は、事前によく確認しておきましょう。
それをしっておけば、安心して使い続けられるでしょう。

よく比較をしてウォーターサーバーを選ぼう

美味しく水ものみたいと言う意識も、年々高まっているように思えます。というのも、以前ならばウォーターサーバーを見かけるのも、銀行やお店などでしたが、今だと家庭でもウォーターサーバーを入れるところも増えています。
これからも増えてくることが予想されます。

その種類は豊富

ウォーターサーバーといっても、その種類は豊富です。
名前だけでもフレシャス、プレミアムウォーター、アクアクララ、クリクラ、サントリー天然水ウォーターサーバーなどいろいろとあります。

どれを選んでもきっと満足するでしょうが、やはりこれだけあると選ぶのにも一苦労です。
またこれらの違いを把握するだけでも大変です。お金もかかるので、やっぱり自分にあったものを選びたいものです。

よく比較をしよう

何を基準に選ぶのかまずは考えましょう。
もしも健康のためや赤ちゃんでも飲めるようにと言う基準があれば、今健康にもいいと評判の成分のバナジウムを豊富に含んでいる水がおすすめとなります。バナジウムで検索をすれば、それにあった水やサーバーがヒットするからです。

また水の種類にこだわれば、それで、検索をすれば天然水はどれ、RO水はどれということがわかります。RO水とはRO膜を使い、不純物を取り除いた水のことです。それにミネラルを加えていて健康にもいいですし、美味しく飲めます。
天然水とRO水のどちらを選ぶかも、比較して選ぶといいでしょう。

またウォーターサーバーを使うときには、気になってくるのは電気代です。各メーカーとも電気代もいくらくらいになるという情報も出しています。1000円を切るところが多いのですが、やはり比較してみて、家計にあったところを選ぶようにしましょう。

焦らずに選ぶこと

このように比較ポイントをいくつもあれば、自分にあったもの絞られてくるはずです。
また、いくつかの比較ポイントにあったサーバーも出てくるはずです。

あとはプランや料金を考えて選びましょう。焦らずに選ぶことも大切です。

ウォーターサーバーのお手入れの仕方も覚えておこう

ウォーターサーバーもだんだんと家庭でも使われるようにもなりました。やっぱり美味しく水をのみたい、また冷水と温水もでて使いやすくなっている、赤ちゃんの調乳にも使えたり等利用の範囲も広がっているのもあるでしょう。

ウォーターサーバーのメンテナンス

今だとプランもよくなっていて、経済的にも安心できて長く利用できるようにもなりました。

するとウォーターサーバーのお手入れも気にしたほうがよくなってきました。やはり長く使うとよごれや部品の消耗も気になってきます。

部品に関してやメンテナンスとしては各メーカーで違いがあります。
たとえば、フレシャスやコスモウォーターだとオートクリーン機能で内部をきれいにします。あとは故障時にメーカーが対応するだけとなります。
アルピナウォーターやアクアクララは2~3年毎にメーカーがメンテナンスを実施します。

なお、オートクリーンは3~6時間と長くかかることもあります。その間使えなくなることもあるので、よく確認してください。また自動で時間になるとオートクリーン機能が作動するものもあります。

あとは自分でお手入れを

メンテナンス以外では、あとは自分でお手入れをするだけとなります。やはり使っていて汚れがあると、水の安全にも影響するからです。
お手入れは難しくはありません。キッチンペーパーやキレイなタオルでウォーターサーバー全体をきれいに拭きます。ボトルの差し込み口や蛇口周辺は念入りに拭きましょう。

あとは、これらの箇所は除菌シートなどでもきれいに拭きましょう。これらの箇所に雑菌がでると、水が臭くなったり味に変化がおこるからです。
蛇口の中の部分も綿棒ブラシで拭き取りましょう。

あと、受け皿もきれいにしておいてください。見た目にも影響してきます。

それからサーバーの背面や電源コードの周りにはほこりも貯まりやすいのできれいに拭き取りましょう。

定期的にお手入れを

お手入れもそんなに難しくもありませんが、丁寧に行いましょう。あと定期的に行うことも忘れてはいけません。

一人暮らしでもウォーターサーバーを使いたい

今だと成人になっても、実家暮らしなんて人も多いでしょう。お金のこともあったり、親の面倒をみたりなどいろいろと理由もあります。
そんな人たちも一人暮らしを考えたこともあるでしょう。

一人暮らしでも美味しい水を飲みたい

一人暮らしをすると、食事が気になるところです。もちろん、毎日飲む水も美味しい水を飲みたいでしょう。
それならば、ウォーターサーバーを利用してみてはどうでしょうか。
ウォーターサーバーと聞くと、銀行や病院などで、大勢のために利用するものと思っていませんか。

今だと卓上タイプのも野茂出ていたり、普通のサーバーでもスペースがA4サイズの用紙がおけるスペースがあれば十分というタイプもあります。ウォーターサーバーのおくスペースはあまり問題にはならないでしょう。
ただ、水のおくスペースはきちんと用意しておく必要はあります。

ウォーターサーバーを選ぶポイント

いろいろなメーカーから出ていますが、一人暮らしの場合、料金の安さもいいのですが、水のノルマをチェックしましょう。
水のノルマもメーカーによってかわります。毎月何本注文というものや何ヵ月かで何本となどいろいろです。

一人暮らしだとノルマをこなせるのか不安もでてくるはずです。そんなときには、1本の量が少ないところを選ぶといいでしょう。フレシャスやクリクラミオだと7~8リットルなので他よりも少なくて、安心です。
また、フレシャスだと1ヶ月おきに配送を一旦停止にできるので、これでノルマをこなせるようにすることもできます。

女性にも交換しやすいのか

サーバーにセットする水の容器は、ガロンタイプとワンウェイタイプの容器があります。ガロンタイプだと持ち上げて交換をしないといけないので、大変です。ワンウェイタイプだと、サーパーの下部で交換することが多いので、手軽に交換できます。
交換しやすいタイプも選ぶとより使いやすいといえるでしょう。

一人暮らしも利用しやすい

このように一人暮らしでも、利用しやすいサーバーやプランになっています。あなたにあったウォーターサーバーを探してみるといいでしょう。

どういう点に気をつければいいのか?

ウォーターサーバーを導入するに当たり需要が多いというのはファミリー向けではありますが、一人暮らしの人であっても利用したいという人はあるのではないでしょうか。元々飲食店やオフィス向けに使われたわけですので、一人暮らしには向いていないだろうと思っていたわけですが、一人暮らしにも向いているものも中には有ります。ただし、もともと大人数向けのものですので、一人暮らしで利用する場合に注意しなければいけないことがあります。

スペースを要さないものを選ぶ

一人暮らしの部屋と言うのは部屋のスペースがあまりないことが多いのではないでしょうか。最近では省スペースでスリムなものや卓上タイプのものも出てきていますので、それほどウォーターサーバーを置くスペースに気を遣うことはないのではないでしょうか。

実際に置く場合はサーバーだけでなく予備の水ボトルと空の水ボトルの置き場所についても考えないといけないです。使い捨てのタイプであれば空ボトルは小さく折りたたんだうえで捨てることができますので便利です。ウォーターサーバーに割けるスペースが小さいのであれば、使い捨てタイプのものがいいでしょう。フレシャスやコスモウォーターであれば使い捨てのタイプになりますので、そういう面ではスペースを取ることは少ないでしょう。

水の利用ノルマを確認する

サーバー代が無料になっている業者と言うのは、その代わりに水の利用ノルマがあったりします。これは一定の水ボトルの本数をクリアできない場合にはペナルティとして利用量がかかってしまうというものです。一人暮らしであればノルマとされている水の量を使い切らないこともありますので、利用ノルマの有無についてよく確認してから選ぶようにしましょう。

スペースと使い切るかどうかを確かめよう

ウォーターサーバーはもともと大人数用に作られていますので、一人暮らしには向いていないケースが多いですが、最近では省スペースのサーバーが出てきたり、一人暮らしに配慮した契約内容もあります。

手軽に美味しい水が味わえるのがウォーターサーバーのメリット

最近では利用者がどんどん増えてきているという噂があるウォーターサーバーなのですが、何がこんなに受けているのかと言うと、水道水と違って安全性があるうまい水が飲めるからではないでしょうか。ナチュラルガーデン日本の名水では富士山の名水と丹波の名水、日田の名水の3つの天然水から選ぶことができるわけですので、自然の味わいを自宅で楽しむことができるというのが何よりもメリットではないでしょうか。

うまみがある高品質な水が楽しめる

天然水のウォーターサーバーであれば山の奥深くや自然の中から採ってきた水をそのままボトルに詰めています。先程の例でいえば富士山と丹波、日田という土地ならではの水を飲むことができるために、微妙な味の違いを楽しむことにもつながります。そういう水を天然水として味わうことができるのが何よりもメリットです。

自宅に居ながら飲むことができる

ミネラルウォーターであれば基本的にお店で購入する必要があり、大きなペットボトルを持って帰るとなるととても重たいのではないでしょうか。しかし、ウォーターサーバーであれば宅配業者がわざわざ自宅まで配送してくれますので、重たいペットボトルを持って帰るということはありません。ミネラルウォーターと比較しても料金はそれほど変わらないわけですが、ウォーターサーバーの方が手間がかからずに飲むことが可能です。

自宅に届けられたボトルについては、専用のサーバーに設置をすることによっていつでも気軽に水を飲むことが可能です。水が足りなくなりそうな時であっても業者が届けてくれるので自宅で待つだけでも全然構いません。しかも、サーバーの設置や貸し出しと言うのは無料と言うところがほとんどですので、かかるのは実際に飲んだ水の料金だけになります。

手軽に美味しい水を味わえるのが魅力

ウォーターサーバーの水はうまみがある高品質なものが多く、それらが宅配業者によって届けられますので、手軽に美味しい水を楽しむことが可能です。

のどを渇いてからでは遅い

水を飲むというタイミングとしてのどが渇いてからではもう遅いということが言われています。特に夏場になると脱水症状が気になりますので、水分補給はしっかりとしておいたほうがいいでしょう。夏場だけでなく冬場においても気をつけないといけなくて、冬場でも脱水症状が起こることがあります。脱水症状を防ぐためにも気軽に水が飲めた方がよく、そのための手段として富士桜命水のようなウォーターサーバーがあります。

のどが渇く前に水を飲む

夏場であればのどが渇くためにこまめに水分補給を行うのですが、冬場はなかなかのどが渇きにくいです。のどが渇いてから水分補給をするというのでは手遅れになることがありますので、その前に水を飲むということを心掛けてください。

例え水を多めに飲んだからと言っても体にマイナスの影響を与えることはなく、汗や尿となって出ていくだけなのです。水を飲んだとしてもカロリーが無いですので、太るということはありません。常時ウォーターサーバーを設置して水が飲みたいタイミングで飲むようにしてください。

水の排出が進む

水の摂取量が少ないと、体の働きとして体内の水分量が減るのを防ごうとしているので、体内に水分を溜めこんでしまいます。水を定期的に飲むようになると体内に水を溜めこむ必要がないということで、むくみにくい体質を得ることが可能です。より一層水の排出が進むようになってきます。

エネルギーの消費率がアップする

体内でエネルギーを消費させるためには絶対に水が必要になります。水が足りていくと体内のエネルギーが消費されて効率的なダイエットが可能です。水を摂取すると代謝までよくなっていき、汗をかきやすくなりますのでエネルギーの消費がさらに進むわけです。

気軽に飲める場所に置いておくといい

ウォーターサーバーをいつでも飲める場所に置いておくと、水の排出がより進んだり、エネルギーの消費が活発になるなどのメリットがあります。気軽に飲む上でもウォーターサーバーを設置してみてください。